福岡県福岡市に新規オープンする百年橋リハビリテーション病院(博多堤病院)の採用サイトです。看護師・看護助手・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などの求人情報を掲載。当院で活躍するスタッフの声を多数ご紹介しています。

新病院オープン!見学・就職相談

About us

事務長インタビュー「やりたいことがカタチにできる病院」

事務長 岩屋 匡彦

警察官である父親の影響で学生時代は警察官を目指していた岩屋事務長ですが、大学の就職課からの紹介で青洲会グループと出会います。小学校から大学まで続けてきた野球部で培った「人間力」を買われ、福岡青洲会病院に入職。医事・総務の仕事を経て、34歳で堤病院の事務長に抜擢されます。新病院の開院に向けて職員とともに歩んできた岩屋事務長に、百年橋リハビリテーション病院そして働く職員への思いをお話いただきます。

私の履歴書
新病院で経験できること
就職を検討中の方へ

私の履歴書

― 1度目は不合格からの不思議な縁

福岡とは遠く離れた関西で警察官としての内定をもらっていたのですが、小学校から大学までずっと野球をしていた私は、地元で気が知れた仲間と野球を続けたかったこともあり、地元での就職先を探すため大学の就職課に相談に行きました。そこで青洲会グループの求人を紹介されたのがきっかけです。実は、一度面接で不合格になっているんです(笑)。ところが、青洲会の理事長が「体育会系を採用したい」という強い意向で、後日就職課の方に青洲会から連絡が入り、私にもう一度声がかかりました。そういった運命的な縁があり、入職に至りました。

今振り返ると、理事長が「体育会系」を求めておられた理由は、知識どうこうよりも思いの強さや行動力・人を動かす力、そういった人間性の部分を期待されていたのかなと思います。私が堤病院の事務長を任される時、複数名の候補者の中から選んでいただいたと聞きました。ほかの候補者の中には、施設長の経験をされている方もおられました。そういった中で私が選ばれた理由は、事務方の経験や知識よりも、野球部で培った「チームで力を発揮する」「人を動かす」といった能力を期待していただいたのだと感じています。

事務長をしながら看護助手も経験

私が堤病院に赴任した時には、青洲会の人間は私一人だけでしたが、ほとんどの職員が優しく受け入れてくれました。もちろん法人が変わることで、考え方や方針がこれまでと違う場面もありましたが、「青洲会になったのだからこうしましょう」とは言いませんでした。まずは私自身が現場を知って、職員一人ひとりとの信頼関係を築き、徐々に理念や目標の共有を進めていきました。

ある時、看護助手の人手が足りなくなってしまって、私が2ヶ月ほど現場に入ることもありました。事務長の仕事をしながら、ジャージにエプロンを付けて、ほかの看護助手に教えてもらいながら口腔ケアやオムツ替えなど一緒にやっていました。そういったことをしていくうちに、職員の多くが私という人間を受け入れてくれて、色々と話しかけてくれるようになり、「現場でこういうことで困っているから、こうしたい」といった意見や提案が出てくるようになりました。
私自身、看護助手の仕事を経験したことで、世間一般では無資格でもできる仕事ではありますが、「誰にでもできる仕事ではない」という気持ちを強く持ちました。そして、事務長として、病院の現場で働く職員一人ひとりの頑張りに報いてあげられるようにしていきたいと考えるようになりました

新病院で経験できること

― 「やりたいこと」をカタチにするのが事務長の仕事

職員には、仕事を楽しむ環境を作ってあげたいと考えています。仕事の時間は、人生の中で大半を占めます。「こういうことがやりたい」という提案を出してもらって、それをカタチにするのが事務長である私の仕事だと考えます。

資格を持ってる人は、色々勉強をしていく中で「新たにこの資格を目指したい」といった目標を持つ人も多いと思います。資格がない方にも、「自分はこういう特技があるので、こういうふうに活かしたい」といった希望があれば、活躍の機会を提供してあげたいなと思います。一般の会社だと、自分のアイデアや企画が商品としてカタチになるといった体験ができます。病院だと、どうしても通常業務で時間がいっぱいになることがほとんどなので、「やらなきゃいけないことをやっている」と感じてしまいがちです。そういった中でも、「こういう看護をしてあげたい!」や「こういうリハビリをしてあげたい!」といった希望をどんどん出して、みんなでカタチにしていく。それがやりがいに繋がっていく。みんながやりがいを持って一生懸命に仕事を楽しむことで患者さんが集まってくる。その結果、また職員に還元していくことができる。時間はかかるかもしれないですが、そういった病院を目指しています。

― 退院後も患者さんと関わり続けられる環境を作りたい

職員みんなが力を発揮しやすい職場環境作りに向けて、私自身は事務方として、医療からは少し離れた目線も持って考えていければという思いです。コロナ禍で言えば、人が集まることは極力避けるというのが一般的ですが、万全の感染対策をとりながら、地域の方々そして職員が関わり続けることができるような“人が集まれる場所”を作りたいなと考えています。商店街等と連携し、地域の方々を巻き込みながら、地域住民の健康づくり・地域の活性化につながることをしていきたい。定年を過ぎた方やお年寄りの中には、今までの経験を還元したい方やすごい特技を持った方がいらっしゃると思います。そういった方々同士で集まって、楽しく安全に過ごせる場所・コミュニティを作れたら、職員も色々なことに挑戦でき、多くの経験を得ることにつながると考えています。

百年橋リハビリテーション病院 管理部門
― 青洲会は職員を守るために挑戦しつづけるグループ

青洲会を作った初代の理事長は、「一度入職した職員はみんな、ずっと働いてもらえるように」という気持ちを強く持たれていました。変化の激しい医療・介護業界で、職員一人一人を守っていかなければいけない。そういった思いを引継ぎ、現理事長のもと、青洲会は現状維持ではなく、比較的短い期間の中で有料老人ホームや百年橋リハビリテーション病院という新しい病院を作るといった挑戦をしてきています。そして、新病院の事務長である私は、地域に根ざした最高の患者満足を提供できる病院をつくるという使命を受けています。事務長として私に何ができるか?と考えた時、患者さんに直接関わる職員を大切にすることが一番だと考えています。

就職を検討中の方へ

― 働く私たちが誇れる病院へ

百年橋リハビリテーション病院を開院するにあたり、関わってくれている人たちが楽しく仕事ができる環境を、長く継続していきたいと思います。そして将来、みんなが「新病院を作ってよかった」と思えるような病院を作りたい。みんなが子どもたちに「私がこの病院を作ったんだよ」と誇れるような病院を作りたい。そう願っています。

職員を大切にする青洲会グループ、そしてやりたいことをカタチにできる百年橋リハビリテーション病院で、あなたも一緒に働いてみませんか?お気軽にお問い合わせください!

(写真・インタビュー・文:MottoBrand 福井勝雄)


オープニングスタッフ募集中!

百年橋リハビリテーション病院では、事業拡大に伴い、看護師・介護福祉士・看護助手を募集しています。チームワーク抜群の新病院で、一緒に働いてみませんか?

採用情報はこちら

一覧に戻る

Recruit~ 採用情報 ~

詳しく見る

百年橋リハビリテーション病院は
あなたを待っています。

ENTRY

新病院オープン!見学・就職相談