福岡県福岡市に新規オープンする百年橋リハビリテーション病院(博多堤病院)の採用サイトです。看護師・看護助手・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などの求人情報を掲載。当院で活躍するスタッフの声を多数ご紹介しています。

新病院オープン!見学・就職相談

People

3年目の私が、認定理学療法士を目指した理由

百年橋リハビリテーション病院 認定理学療法士

2018年4月に社会医療法人青洲会に入職。福岡青洲会病院の急性期整形外科チームで2年間勤務し、2020年5月から博多堤病院の回復期チームで勤務。理学療法士4年目で運動器認定理学療法士(暫定)を取得し、現在は百年橋リハビリテーション病院でサブリーダーとして勤務。

▼目次
1.理学療法士との出会い
2.認定理学療法士への挑戦
3.ここで働く魅力

理学療法士との出会い

― リハビリで大怪我を乗り越えた経験

高校3年生のサッカーの試合中に前十字靭帯・半月板を損傷し手術を受けました。高校総体1ヶ月前の怪我で、翌月の公式戦に出場できないことが確定し、さらには「冬の公式戦にも間に合わないだろう」と、手術をしてくれた長崎の病院で告げられました。3年生最後の大会でプレーできないことに大きなショックを受けていたところ、福岡・久留米の膝専門病院でリハビリ治療を頑張ればギリギリ間に合うと言われ、私はリハビリを頑張ることにしました。その結果、最短4ヶ月で競技復帰し、チームに合流することができました。

怪我をする前はサッカーで大学進学を目指していましたが、リハビリで理学療法士と出会い、『これからは自分のように怪我や病気などで困った人のサポートをしよう』という気持ちが強くなり、理学療法士を目指すことを決意しました。

青洲会を選んだ理由

福岡青洲会病院には、「先進リハビリテーション実践センター“HOPE”」という専門チームがあります。科学的根拠に基づいた質の高いリハビリテーションの提供を目指し、組織横断的に多職種チームで研究・実践・効果検証を行うというもので、専門的な知識の習得ができる環境だと感じ入職を希望しました。

― 理学療法士として心がけていること

基本的に患者様は怪我や病気で精神的に落ち込んでいます。そのような状態のままリハビリを開始して、ただ体を動かしていくだけでは、リハビリを続けていくことは難しい。私が心がけていることは、患者様の全てを受け入れ、傾聴し、一緒に今後の目標や生きがいを考えていくようにしています。『また◯◯できるようになりたい』その目標に向かって小さな課題を設定して、一つずつ成功体験を重ねていく。笑顔で励ましながら、リハビリの時間が楽しいと思ってもらえるような関係作りを大切にしています

百年橋リハビリテーション病院 認定理学療法士

認定理学療法士への挑戦

― 新たな目標に向かって自己研鑽

理学療法士として働き始めて1年目の頃、日々の業務を行う中で『今後どうなりたいのか?』と漠然と悩んでいました。仕事に対してやりがいを感じられなかったり、理学療法士としての目標を見出せず、正直辞めようかなと考えることもありました。そんな時、悩みを聞いた上司・先輩が親身になって相談に乗ってくださり、『運動器認定理学療法士を目指してみないか?』と提案をしてくれたのがきっかけです。もともと整形分野に興味があって理学療法士を目指したこともあり、3年目から認定理学療法士の資格取得を目指して再び勉強に力を入れました。

認定理学療法士取得という新たな目標に向かってさまざまな勉強を行ったことで、理学療法士としての知識が深まることはもちろん、視野も広がりました。チャレンジして良かったと感じています。

― これからの目標

今年で5年目となり、今後は自分のことだけでなく、チームやリハビリ部全体にも目を向けて、マネジメントスキルやコミュケーションスキルを磨いていきたいと考えています。専門性の追求の観点では、運動器認定理学療法士として福岡県理学療法士協会や日本理学療法士協会から勉強会等のオファーが来るよう、学術研究にも力を入れていきたいと考えています

百年橋リハビリテーション病院 認定理学療法士

ここで働く魅力

― みんなが役割を持って働く

それぞれが強みを活かし、自分らしく働くことができる、働きやすい職場だと思います。リハビリテーション課では、新人スタッフも1年目から一人ひとりに役割が与えられます。ただ業務をこなすだけではなく、与えられた役割に対して自ら考えながら行動することが求められます。役割は個々のレベルに合ったもので、できているかどうか先輩がきちんと評価をしてくれます。成長を感じながら楽しく働ける環境だと感じています。

― 心理的安全性が高い職場

新人には必ずプリセプターが付き指導にあたり、一緒に業務やリハビリの内容などを考えてくれます。また、ラダー評価を取り入れており、スタッフ一人ひとりのキャリア形成にも力を入れています。

定期的にチームリーダー・管理者・リハビリ部部長との1on1面談があり、日々の悩みを相談できる機会があります。リハビリ部内の雰囲気として、何でも話しやすく、仕事やプライベートの相談も乗ってくれるため、心理的安全性が高い職場だと思います。

― 部署・職種の垣根を超えたチームワーク

病棟の看護師や介護スタッフは、忙しい時も手を止めて話を聞いてくれます。全介助や重度介助の方をリハビリする時にも協力して手伝ってくれます。

医師も話しやすく、リハビリする上での疑問点や困っていることなど質問すると、親身になって教えていただけます。

2022年4月に百年橋リハビリテーション病院として開院したばかりで、まだまだ現場は新しい環境に慣れておらず、連携もこれから磨いていかなければいけません。職種の垣根を超えて、職員一人ひとりがコミュケーションを図り、患者の早期回復のため一丸になれる、そんな病院づくりに私も関わっていきたいと考えています。

(写真・インタビュー・文:MottoBrand 福井勝雄)


リハビリスタッフ募集中!

スタッフが働きやすい環境をみんなで作っていける。フラットな関係性・アットホームな雰囲気の新病院です。あなたも一緒に働いてみませんか?

病院見学のご相談・求人に関するお問い合わせ

採用情報はこちら
理学療法士 作業療法士 言語聴覚士

一覧に戻る

Recruit~ 採用情報 ~

詳しく見る

百年橋リハビリテーション病院は
あなたを待っています。

ENTRY

新病院オープン!見学・就職相談